介護職員初任者研修ってなに?その特徴とメリット

介護職員初任者研修ってなに?その特徴とメリット

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修とは、2013年4月よりホームヘルパー2級に変わって新設された介護制度です。今までは介護の資格が分かりにくく、働く上での目標を明確に立てられずにいました。今後はより介護に関する資格制度を明確にして、働き方を分かりやすくするのが目標となっています。
2013年3月にホームヘルパー2級は廃止されましたが、現在既にこの資格を取得している方は新たに資格を取得する必要はありません。ホームヘルパー2級は介護職員初任者研修と同等の扱いがされます。今後資格取得する方に関係する制度で、現在介護職に就いている方は関係がありません。しかし、今後介護のスキルアップをする上で参考になるため、既に介護職に就いている方も介護職員初任者研修はどのようなものか知っておきましょう。
もちろん、今後介護職に就こうと考えている方も、ホールヘルパー2級と介護職員初任者研修の違いを知っておいて下さい。研修に掛かる内容が若干変わっており、スクーリングという学校に通って行なう実務研修が増えることになります。より現場での勉強時間が長くなるという事です。また、最終試験に合格しなければならずホームヘルパー2級よりも難易度が高くなると考えられています。

資格情報

e-介護職員初任者研修の資格|最短での取得方法はコレ!・・・介護職員初任者研修の資格を取るための最短方法を解説しています。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ