介護職員初任者研修に変わる理由

介護職員初任者研修ってなに?その特徴とメリット

介護職員初任者研修に変わる理由

ホームヘルパー2級が廃止され、介護職員初任者研修に変わってしまうのはなぜでしょうか?
今後の日本はどんどん高齢化社会になると言われており、65歳以上の人口の割合が多くを占めると考えられます。より介護に必要性が増してきて、介護職で働く人材も多く必要となってきます。今までの介護職の資格は分かりにくい面があったり、キャリアアップの方法も1つではなく色々な方法がありました。それを分かりやすく1つに統一する事で、より介護職の人の人材育成を図ったり、実際に働いている人がどのようにキャリアを上げていけばよいのかを明確にする目的があります。
ホームヘルパーとは在宅で暮らす人への支援を目的にある制度で、生活が不自由な人などのサポートを家庭を訪問する事で行ないます。食事や掃除などの日常的な世話から、入浴や着替え食事など介助も含まれています。本来は家族が行なってきた事柄ですが、核家族が増えるなど家族がサポートできなくなってきた事から利用者は増えています。厚生労働所が認定した講習を修了するだけで資格が取得できる制度でした。つまり誰でも取得できたものだったわけです。
今後は試験が追加され誰でも取得できる分けでは無くなり、資格取得は難易度が上がるとも言われています。


ホーム RSS購読 サイトマップ