在宅以外の介護の知識も得られる

介護職員初任者研修ってなに?その特徴とメリット

在宅以外の介護の知識も得られる

今までのホームヘルパー2級では在宅介護のための研修内容となっていましたが、今後は介護職員初任者研修に変わることで、在宅以外にも介護施設での両方の介護を念頭に置いた内容となります。以前はホームへルーパーを在宅とし、介護職員基礎研修や介護福祉士が両方の研修を受けていました。今後は介護初任者研修に統一される事となり、より効率が良くどちらの内容も学べる形となります。
高齢化社会に伴い介護の仕事に関わる人材の育成をしていかなければらなず、今後は介護職員初任者研修によって段階的に介護を学べるように変わって行きます。介護関係の仕事に就きたい人の入り口的な存在となり、資格取得を段階的にレベルアップできるため分かりやすくなりました。更に生涯介護関係の仕事を続けられるようなシステムにもなっています。
介護職員基礎研修やホームヘルパー1級の内容が統一され、在宅介護と介護師説両方の働き方を一度に学べるようになります。また、ホームヘルパー2級の内容も盛り込み、一度に多種類の介護の内容を学べるように変わっています。更なるレベルアップとして、新たに認定介護福祉士という資格も加えられました。介護初任者研修を受ければ、同時に介護職員基礎研修・ホームヘルパー1級・ホームヘルパー2級の知識がもてるメリットがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ