現場で活用できる内容に

介護職員初任者研修ってなに?その特徴とメリット

現場で活用できる内容に

ホームヘルパー2級を取得しても、実際には実習によって内容に偏りがあり、現場で上手く活用できないデメリットがありました。ホームヘルパー2級はだれでも講習を受ければ取得できるもので、講習を受けただけでは実際の現場で上手く活用できるとは限りません。今後は介護職員初任者研修に統一される事で、演習が重要視され研修室を使って、介護の道具を使用しながら知識と技術を習得できるようになりました。今まではホームヘルパー2級を取得しても、介護の仕事を通して仕事に慣れるしか無く、現場で対応しながら介護スキルを見に付けるのが一般的だったのです。
実際に働いてみると分かるのですが、習った事では対応できない事も多く、現場一つ一つに対して対応の違いが求められます。今後はスクーリングへの時間配分が多くなり、実践の場で確認しながらどのように対処してよいのかが重点的に学ぶ事になります。実習で学ぶのではなく、教育現場で接する事でより介護者のイメージをつかみやすく、よりリアルなものとなっていくことが期待されています。認知症への理解を上げる内容も追加されています。その後は介護福祉士、ケアマネージャーなどスキルアップする事ができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ