研修を修了とする者や免除について

介護職員初任者研修ってなに?その特徴とメリット

研修を修了とする者や免除について

介護職員初任者研修は他の資格を持っている人は修了者となる事があります。または、科目の免除もあり他に資格取得がある場合は良く調べてから利用するようにしてください。
例えば、看護師や准看護師、保健師の資格を持っている方は、介護職員初任者研修の修了者とみなされています。基本的にはこれらの資格を持っていれば同等の扱いを受けるのですが、長く仕事から離れていた方は、介護施設などで研修を受けることが本来は望ましい形とされています。これらの資格を取得している場合では、資格証明書の写しと免除申請書を送る事で認められています。
他には、実務者研修を修了した方は同様に介護職員初任者研修を修了したものとして認められています。ホームヘルパー1級や2級の資格を取得していても同様の扱いです。
免除については既に研修の一部を授業したことがある方は、その内容を免除として扱うことができます。事業者で行なわれた講習、市町村の公的団体で行なわれた研修などが当てはまります。同等の修了課程を証明するものが必要となります。
今まで受けた講習や講義、資格取得は無駄になる事はありません。免除や修了者とみなされるか不明な点がある時には、お近くの市町村役場の福祉部などに問い合わせる事で答えてもらえます。その他、市町村役場では指定研修事業者の確認も行なう事ができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ